Interview

“Only One”を
目指す

2011年入社 東京支店 技術グループ 主任
永井 孝明 Takaaki Nagai
同志社大学 理工学部 化学システム創成工学科

入社を決めたキッカケ

水処理を軸に就職活動をしており、いくつか興味があった企業の一つに当社がありました。


結論、その中でも最終的に当社に入社を決めた大きなポイントのひとつが、個別の説明会のタイミング・面接で具体的なアドバイスをくれたことです。そのような具体的なお話を、他社さんではないくらい。説明会の段階から親身になって下さり、入社後も、そのような環境で働けることに大きな魅力を感じました。


また、はじめは機械系の職種に対する不安はあったが、それでも私の就活の軸にあった「水処理」をやっている企業でしたので、そこで自分が学んできて得た知識や研究を活かして、そのうえで機械についても学んでいこう!という気持ちで、最終的に入社を決めました。


入社から現在まで

入社してから2年目までが技術グループに配属されており、3年目~5年目技術開発グループに配属となり、その後また現在の技術グループへと戻ってきました。これまでにやってきたこととしては、プラント計画→実験に携わる→現在またプラントの計画に戻ってきたという流れです。


これまでの仕事で印象的だったのは、入社から2~3年目の際にかなり大きな規模の現場で、実験から最後のプラントの稼働まで、一式自分で見させていただいたプロジェクトがありました。具体的には、まず実験→実験内容を落とし込む→設計→実際に稼働するまで、自分が主となり担当しました。


もちろん、一人で全てできるわけではなく、多くの人たちと協力をし、時には助けてもらいながらでしたが、結果として非常に良い結果で終われたプロジェクトでした。

入社からまだ若い時期に、局所的な一部分や末端の仕事ではなくて、一つの案件・現場を最初から最後までやらせてもらえたことが非常にやりがいを感じ、そして今も深く印象に残っている仕事の一つになりました。


今後の目標

今は主任になり、私の下に2人ついてくれていて、今までとは違って自分だけではなくその2人も見る立場になりました。

今までは私自身が1人の担当としてやらせてもらっていましたが、これからの立ち位置としては、組織としてみんなで協力をし、最大の成果を生み出すということに目を向けていきたいと考えています。

それを実際にカタチにして、そして会社に貢献したいという気持ちです。

ですので、目標と言いますとやはり「個人の目標・成果を目指す」のではなく、「組織として結果を出す」というところが今の私の目標です。


一人でできることとみんなでやっていくこととでは、もちろんできることの規模も違いますし、みんなで目標・結果に向かうことで新しいことにも挑戦していくことができます。そういった仕事を、していきたいと思います。


もちろん自分自身を高めるためのセルフマネジメントを続けて個人としても成長し、そのうえで他のメンバーのマネジメントについても、より強化を促していけるような存在になることも、目指していきます。


先輩から見た3つの「OH!(驚き)」

携われる仕事の幅

最初は大きな何かの末端の仕事や一部に携わるのだと思っていましたが、若手のうちから大きなプロジェクトの主のメンバーとして携われたことが、良い意味でびっくりしました。

想像以上にフランク

大事なところはピリッとしているけど、上下関係もフランクでアットホーム。
その中にも大事な厳しさもあり、非常に良い空気感だと思います。 

積極性を尊重する社風

ただ「やってみたい」ではなく、しっかり、理屈を持って「やらせてほしい」と伝えることができ、そうすると実際にチャンスも与えてくれます。
閉鎖的・排他的な環境ではなく風通しの良い環境だったことが、私にとって喜びでもあり驚きでもあります。

先輩の一問一答

Q1.挑戦したエピソード

初めてのことでも積極的に、そして思っていたより幅広く業務に挑戦してきました。


Q2.休日の過ごし方は?

■京都にいるとき→家族と過ごす
■東京にいるとき→読書

Q3.求職者に一言メッセージ

一番伝えたいことは「自分を曲げないでください」です。
自分に嘘をついて仕事をしたり就職したりするのではなく、自分が持っている考えだったり軸を大切に、企業を選んでほしいと思います。
そのうえで、もしその軸や考えが三央に合っていれば、是非当社に来ていただければと思います!

CHALLENGINEER宣言

オンリーワンになる

- その他インタビュー -