Interview

若いメンバー主体で
三央を盛り上げる

2001年入社 機電部 関西機電グループ 主任
小倉 清典 Kiyonori Ogura

入社を決めたキッカケ

工業高校で色んな資格を取っていたので、せっかく取った資格を活かせるような会社を探していました。大手のライン作業の求人にあまり魅力を感じなく、機械的なことをコツコツやりたいと思っていた中、三央の求人を見つけました。


地元で他社よりも条件がよかったこと、工場勤務でも色々な業務ができることに魅力を感じ、入社を決めました。


入社から現在まで

はじめの3~4年はずっと下積みでしたね。とにかく言われたことをこなしていました。でも早い段階から副班長という役職をつかせてもらって、自分の中で仕事が見えてきて、だんだん視野も広がっていくのを感じました。


出張でいない上司の代わりに工場をみたり、よくある「地図になる仕事」をさせてもらったりと、自分に責任を持たせてもらえることでよりやりがいを感じます。


今後の目標

うちの会社は若いメンバー主体にどんどん役割を持たせてくれます。なので若いメンバーたちで結束して会社を動かしたりもでき、そこが三央のいいところと思っています。


だからこそ今後も若いメンバーを増やし、どんどん盛り上げていけたら一番理想的ですね。


先輩から見た3つの「OH!(驚き)」

小規模な会社ながら大規模な仕事

大手ゼネコンと組んで大きな仕事ができていることは自分でもすごいことだと思うし、周りに話すとみんなも驚いています。

若いメンバーへのチャンス

若いメンバーに役職を持たせてどんどん前に出そうとする風土に、やりがいを感じますね。

突然海外に行った

いきなりマレーシアに行くことになったのには驚きました。一ヶ月だけの予定だったところ、トータル半年ほど行っていたことにも驚きです。

貴重な経験でしたね。

先輩の一問一答

Q1.挑戦したエピソード

海外に行ったとき、現地の言葉もしくは英語でしか通じない人と一緒に仕事をしたことです。過去に英会話を少しだけ習っていたので、それが役にたちました。

あーだこーだとお互い手探りで会話して、なんとか仕事をこなしていくのは私にとって挑戦でしたね。

Q2.休日の過ごし方は?

カメラが趣味なので、色々撮影にしったりしています。会社で社員旅行にいったときの写真も撮っていますね。

Q3.求職者に一言メッセージ

うちではみんなで和気あいあいと仕事をさせてもらっています。特に若いメンバーは、やりがいがあればあるほど役割も与えられ自分の望むポジションにつきやすいです。

少人数の会社なので、やる気がある方はぜひうちにきてほしいなと思います。

CHALLENGINEER宣言

若いメンバー主体で三央を盛り上げる

- その他インタビュー -